綺麗な住居

新築よりも家賃が安いリノベーション賃貸

空き室対策のために、リノベーション工事を施した古い賃貸マンションや賃貸アパートが最近多くなっています。リノベーションとは、住まいをまったく新しい形に生まれ変わらせることをいいます。リフォーム工事が建物の補修工事を指すことに対し、リノベーションは性能を向上させたり、デザインや材質を変えたり、まったく違う設備に入れ替えたりすることを言います。 特にいったん骨組みだけのスケルトン状態にしてから建て直したリノベーション賃貸などは、新築マンションと変わらない外観や内装になります。それでいて、新築マンションよりも家賃が安く設定されています。誰も住んだことがないマンションをお得に借りたいなら、リノベーション賃貸はおススメです。

最近誕生した中古住宅のリフォーム

歴史があるヨーロッパでは古いマンションほど価値があるという考え方があり、築年数が古くなるほど家賃が高額になります。しかし、日本はそれとはまったく逆で、新しいマンションほど家賃が高くなり、古くなるほど家賃が下がって行く傾向があります。 日本人は昔から住まいに対して「新しさ」を求める傾向がありました。今は中古住宅をリフォームしたりリノベーションしたりして住むのが当たり前になっていますが、昔は建物が古くなったら取り壊して、新しく建て直すのが一般的でした。中古住宅をリフォームするという考え方が生まれたのはごく最近のことです。資源を大切にするエコブームの影響や、新しく家を建てる土地がなくなったことなどから、リフォームという考え方が定着したのです。